※総合案内所は、国道8号白根交差点から中ノ口川方面へ約350m. 料金 ・有料観覧席(1人500円) 大迫力の凧合戦を間近で見ることができます。6月6日(水)までは問い合わせ先に、合戦期間中は有料観覧席で直接申し込んでください。

白根大凧合戦について. 中ノ口川を挟んで繰り広げられる「白根大凧合戦」は、川の両岸から24畳の大凧を揚げ、空中で絡ませて川に落とし、相手の綱を切った方が勝利となります。

新潟市と月潟村を結ぶ新潟交通の電車は中ノ口川対岸(西岸)を通り,国道8号線が市域内を並走する。6月の第一金曜日から五日間,中ノ口川をはさんで味方(あじかた)村との間に繰り広げられる白根大凧合戦は300年の伝統をもつ。

江戸時代から続く300年ほどの伝統を誇る世界最大スケールの大凧合戦が、今年も6月6日(木)〜10日(月)の5日間、新潟市南区の中ノ口川堤防上で行なわれます。「白根大凧合戦」とは、中ノ口川を挟んだ東西から、畳24枚分もある大凧を揚げて空中で絡ませて川に落とし、相手の凧網が切れる

新潟市のプレスリリース(2019年6月4日 16時27分)24畳の大凧300枚が乱舞!勇壮な合戦絵巻!300年の歴史を誇る魂の白根大凧合戦が開戦!

新潟県で三百年の伝統を誇る「白根大凧合戦」が今年も開催されます。凧合戦だけでなく、いろいろイベントも予定されています。白根大凧合戦 2019中ノ口川堤防上で繰り広げられる大凧合戦。東軍(白根側堤防)と西軍(西白根側堤防)で戦い、空中で凧の綱が絡み川に落ちたら綱を引き合い

新潟市南区で6月1日(木)~6月5日(月)まで行われる「白根大凧合戦」の公告凧を作っていただきました。凧合戦期間中にこの凧もあげる予定ですので是非探してみてください。白根大凧合戦については下記urlをご覧ください。

冬の新潟県に家族で行って参りました。目的のひとつは新幹線駅構内に飾られていたコレで、喧嘩凧で全国的にも有名な町・新潟市南区の白根地区で自分達のミニ凧を作る為に新幹線を降りてクルマを走らせたのでした。今回は次回に続く前振りなので少し短稿です。 元文2年(1737)に始まったと

新潟市南区(旧白根市)「しろね大凧と歴史館」に行って来ました。毎年初夏に行われるしろね大凧合戦にまつわる歴史や展示物、日本のみならず世界各国の凧紹介、白根の風土と歴史などとても見ごたえ

また、合戦で使われる凧は「六角巻凧」と呼ばれ、三条市は世界の六角凧の発祥地として紹介されています。 また、平成27年3月に「白根大凧合戦」、「今町中之島大凧合戦」とともに「越後の凧合戦習俗」として新潟県無形民俗文化財に指定されました。

8月6日、凧合戦でおなじみ、新潟市南区白根の「しろね大凧と歴史の館」が開館23周年を記念して「白根大凧合戦VR体験~大凧の視点から凧合戦を見てみませんか」のイベントを開催した。 白根大凧合戦

新潟県指定無形民俗文化財でもある「白根大凧合戦」が6月6日(木)〜10日(月)の5日間、新潟県新潟市南区の中ノ口川堤防上(凧見橋・白根橋間)で開催される。「白根大凧合戦」

[2] 新潟県新潟市の地名。旧市名。越後平野中部、信濃川とその分流中ノ口川にはさまれ、信濃川の交通で栄えた市場町。米作・果樹栽培を主とする。六月に行なわれる年中行事の凧合戦は有名。昭和三四年(一九五九)市制。

凧期間中の土曜日の合戦終了後には新潟で一番早い花火大会が行われます。また日曜日には白根側の商店街でお祭り広場を開催、祭りに一段と活気を呼びます。 しろね大凧と歴史の館は国内外の珍しい凧を集めた世界最大の凧の博物館です。

新潟白根の凧 和凧 六角凧. 毎年、6月の上旬、白根市と対岸の味方村が行う、300年の伝統を誇る白根大凧合戦。 川幅80メートルの中ノ口川をはさみ、両岸から畳24枚大の大凧を揚げて、凧を空中でからませ

2013年に、約300年の歴史を誇る白根大凧合戦がアメリカ(ワシントン州)の世界凧博物館に「殿堂入り」を果たしました。 世界各地で凧に関係する約50人の個人がこれまで選ばれていますが、個人以外で認定されるのは初めてのことです。

越後平野で6月6~10日に「白根大凧合戦」が開催される。 6月6日(木)~10日(月)までの5日間、新潟市南区の中ノ口川を挟んで、畳24枚分の大凧や1200枚を超える巻凧が合戦を繰り広げる「白根大凧合戦」が開催。町中が凧合戦一色となる5日間。老若男女が垣根を越えて、勇ましく合戦に向かう光景は

新潟市南区にある新潟白根総合病院。ひとりひとりの生命をいとおしむと共に人間としての尊厳を尊重した医療をおこなう

2017年6月1日(木)~5日(月)に行われた白根大凧合戦。皆様は見に行きましたか?白根大凧合戦は、300年の伝統ある新潟を代表するお祭りです。今年はngt48の加藤美南さんや中村歩加さん、大食いアイドルもえあずこと、もえのあずきさん登場で大いに会場は盛り上がりました!

「三条凧合戦」がモチーフ。でも現在のサブレーが完成するまで、苦労の連続でした。 開発のヒントとなったのは、三条市の伝統的な行事「凧合戦」(“たこがっせん”ではありません。“いかがっせん”と呼びます)。大正時代から受け継がれているこの

5月3日から5日まで開催された浜松祭り! 4日に浜松市内の中田島砂丘で有名な「中島田凧揚げ会場」に凧揚げ合戦を見に行って来ました。 浜松祭りの一大イベントである大凧の糸切り合戦が見ものなんです。 しかしこの日は風が弱く大凧を上げるのに苦労して

優勝旗・白根凧合戦協会. 明治44年(1911年)6月6日、高田歩兵第58連隊付オーストリア武官・レルヒ少佐が第13師団長・長岡外史と共に凧見物に訪れた際、「日本古来の武士道的合戦」と絶賛し、同年7月に優勝旗を寄贈した。 旗は昭和6年(1931年)、白根大火で失われるまで使用された。

また、この凧合戦をより長く、より多くの人に見て楽しんでもらうため、「お祭り広場実行委員会花火部会」を立ち上げ行政と民間の方達から力をお借りしながら、2007年に白根大凧合戦花火大会を始めま

お隣南区の「白根大凧合戦」も今日で無事終了。私たちの写真教室では、初日5日(木)、この凧合戦の撮影に挑戦となった。中之口川の土手の両側から、凧を揚げて糸を絡め合って、相手のたこ糸を切った方が勝ちというルールである。来年の「nhk大河ドラマ・天地人」の主人公「直江兼続

」と言われた最後の白根凧師でした。(「日本の凧」著者俵有作、「白根の凧の全て」著者田村和雄参照)叔父と幼馴染だった凧助さんと私は囲碁仲でした。凧助さん作の巻イカを各種数十枚や、特別に染料で描いた凧絵を数十枚ほど譲っていただきました。

新潟市のプレスリリース(2018年5月29日 11時00分)勇壮!300年の歴史を誇る魂の白根大凧合戦が開戦!

白根大凧合戦 新潟県白根の大凧合戦について、新潟市南区観光協会の公式ページ; 凧大図鑑 たくさんの凧の画像が収録されています。まさに凧大図鑑です。 定年からの凧遊び 凧男さんが綴る、日々更新の凧ブログです。 八日市大凧会館ブログ

白根大凧合戦2010 新潟市南区の白根地区と味方地区の白根大凧合戦が、6月3日(木)午後1時30分より開会式が行われ、 東西両陣営の大凧合戦が幕を開けました。 開会式は、篠田昭新潟市長をはじめ、関係者によるセレモニーが行われ、5日間の戦いが始まり

信濃川の支流、中ノ口川の両岸から24畳大の大凧を揚げ、空中で絡ませ川に落し、相手の凧綱が切れるまで引き合う大凧合戦。大凧は東軍6組と西軍7組あり、期間中約300枚の大凧が大空に舞い上がり合戦を繰り広げ [住所]新潟市南区 [ジャンル]お祭り 体験・遊覧 フェスティバル・パレード

20090607(日)新潟県白根市にある世界最大の凧博物館“しろねの大凧と歴史の館”を見物。場所は新潟市南区上下諏訪木1770-1白根市の中心部から約3kmほどの南東です。白根総合公園の一角に凧博物館とは思えない近代的な建築物が“しろねの大凧館”。

「しろね大凧と歴史の館」の情報は「にいがた観光ナビ」で。伝統の白根大凧の実物だけではなく、国内はもちろん、世界各国の珍しい凧を集めた世界最大級の凧の資料館です。 館内には、大凧合戦の歴史展示コーナーや、凧合戦の雰囲気を味わえる3d立体映像室、凧作り体験できる凧工房

「白根大凧合戦」が6日、新潟市南区白根・西白根の中ノ口川堤防で始まり、多くの見物客でにぎわった。10日までおこなわ

久しぶりの白根凧合戦 – 新潟市で新築、注文住宅ならユースフルハウスへ。新潟市で趣味を楽しむ、心地よいデザインの新築、注文住宅をお考えなら無料相談会へお越しください。「あなたが大好きになる新築、注文住宅」を新潟市のユースフルハウスが提案します。

白根大凧合戦、活気天高く 新潟南区 10日まで 白根大凧合戦が6日、新潟市南区の中ノ口川堤防で開幕した。 大凧合戦は新潟県の無形民俗文化財で

江戸時代の中頃、中ノ口川の堤防改修工事の完成祝いに、白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち、田畑を荒らしたことに腹を立てた西白根側の人が、対抗して凧を白根側にたたきつけたことが、大凧合戦の起源とされている。

6月1、2日の2日間、新潟県三条市の三条防災ステーションで「三条凧(いか)合戦」とそれにあわせて三条マルシェも開かれている。1日は絶好の

三条凧合戦 三条凧合戦の概要 ナビゲーションに移動検索に移動目次1 歴史2 概要2.1 前夜祭2.2 合戦2.3 イベント会場3 六角巻

迫力満点の凧合戦!新潟県新潟市で「白根大凧合戦」開催. に水面に突っ込ませる。綱が絡み両方の凧が川に落ちたら、川の流れを利用して綱をより強く絡めて、その綱を引き合い相手の綱を切れば勝ちとな

白根市の伝統である大凧合戦と、凧作りの技術の伝承を図りながら、宅地化が進む小林地域の異年代交流を促進するため、子供凧作り教室を開催する。 2 実施主体: 白根市小林地区公民館: 3 展 開

白根大凧合戦周辺の駐車場を一覧でご紹介。白根大凧合戦からの距離や、駐車場の料金・満車空車情報・営業時間・車両制限情報・収容台数・住所を一覧で掲載。地図で位置を確認したり、グルメや不動産などの周辺検索も可能です

白根大凧合戦 新潟県新潟市南区の白根地区(南区白根、旧白根市)と味方地区(南区西白根、旧味方村)で毎年6月上旬に開かれる凧の祭 信濃川の分流である中ノ口川を挟んで両岸から大凧を揚げて絡ませ、凧の綱が切れるまで引き合い勝敗を決める勇壮な祭

[PDF]

市指定文化財(昭和48年指定)。1847 (弘化4)年5月10日に芙蓉山人(不詳) が当時の白根凧合戦の様子を見聞したこと を書き綴ったもので、歴史的にも貴重な、 最古の白根凧合戦の文献。 新潟市指定文化財。(個人蔵) 所在地:新潟市南区白根

白根は新潟市南区の中の1地区で、信濃川の支流・中ノ口川の東側にあります。この白根地区と、川向こうの味方地区(旧・味方村)とで開催されるのが、「白根大凧合戦」。白根側が東軍、味方川が西軍となり、川を挟んで両者が互

白根大凧合戦開催場所. 新潟市南区白根・西白根(旧味方地区)の「中ノ口川堤防凧合戦会場」です。 凧合戦会場は、例年通りであれば、 中ノ口川の、白根橋〜凧見橋間となります。 地図を見た時に、目印になるのは、 「願信寺」 というお寺

新潟県白根市(にいがたけんしろねし)で6月に開催される白根大凧合戦。川をはさんで凧をあげ、からめて引き合うという合戦は世界に類を見ないそうです。新潟県の白根と見附で大凧合戦が開催されます。 ここでは、白根の大凧合戦についてとりあげました。

凧の大きさは24畳分! 世界最大スケールの大凧合戦!江戸時代から伝わる凧合戦。東軍と西軍に分かれ、相手の綱が切れるまで凧を引き合う勇壮な凧合戦です。大凧ひとつの大きさは畳24畳分で、重さは約50キロ!《毎年6月第1木曜~月曜までの5日間開催》 開催場所 於 中ノ口川両岸(新潟市南区

これに怒った西白根の人々が自分たちも凧を揚げ、 白根側に叩きつけたことが凧合戦の始まりとされています (そりゃ喧嘩になるだろう) ホント、大人気ないです。 昨日の燕市と三条市の関係と大差あ

「白根大凧合戦」は、江戸時代の中頃、中ノ口川の堤防改修工事の完成祝いに、白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち

毎年6月初旬に新潟市南区の中ノ口川で繰り広げられる初夏の風物詩、「白根大凧(おおだこ)合戦」のPRイベント「凧まつり」が26日、同区の

白根中央自動車学校は新潟市の南区(旧白根市)にあります。南区は、白根市、月潟村、味方村が合併してできました。新潟県の中央に位置し、区の東側に信濃川、中央に中之口川がある、水に恵まれた肥沃な田園都市です。コシヒカリはもちろん、果物や花の栽培も盛んで、春には色取り取り

最近の投稿