田中希美男氏がレンズの仕様に書かれている「最大撮影倍率」に付いて苦言を呈しておられる。が、「最短撮影距離」や「写界」や「最近接撮影範囲」も問題が無いとは言えないと思う。ユーザーにとって肝心なのはそのレンズを使った時に撮影可能な一番小さい範囲(最も近づいて撮影した時

最短撮影距離は0.48mmで最大撮影倍率は0.29倍です。シグマやタムロンのマクロ対応レンズと比較するとやや劣ります。 マクロ機能を重視する場合はサードパーティ製のレンズの方が良いでしょう。 【長所】 ・純正の安心感

【本日2本目の記事】昨日の記事で私はカメラに装着されたレンズの最大撮影倍率に付いて、つい普通の言い方で「3倍」とか「4倍」とか平気で書いているが、正しくは 1/3 倍とか 1/4 倍と書かなければいけない。シグマの仕様書でも最大撮影倍率 1:3 と表記されている。

最短撮影距離が短ければ、近くに寄って撮影ことはおわかりいただけたかと思います。 では、その次に『最大撮影倍率』についても知っておきましょう。 いくら近くに寄って撮影できると言っても、写真の枠内に大きく写らないと意味ないですよね。

撮影倍率の概念はますます曖昧になってくる。 交換レンズはデジタルカメラだけでなく、フィルムカメラにも使えるから「(最大)撮影倍率」の表記は有効だ、と言う人もいるかもしれない。でも、それはちょっとムリがあるように思う。

遠くにある被写体をアップで撮影したい。しかし大きく重いカメラは持ちたくない。そんな思いを持つ人には、高倍率ズームを搭載したコンパクトデジカメがおすすめ。なかでも最近人気が高いのは、300g以下(本体のみの場合)の薄型軽量ボディに、光学30倍以上のズームレンズを搭載した

しかも最短撮影距離が0.45mと短く、最大撮影倍率は約0.34倍(35mm判換算では約0.51倍)で、望遠マクロレンズ的な使い方も可能。さらにはシャッター速度にして約3.5段分の手ブレ補正機構や、小型で静かなAF機構、屋外での撮影に配慮された簡易防滴構造を採用

撮影倍率とは、その名のとおり、撮影される倍率のことです。つまり、被写体が撮像素子上に写される倍率のことで、一般のズームレンズではと最大でも0.3倍程度のものが多いです。接写というのは、この撮影倍率を大きくするということになります。

代表的なレンズの撮影倍率と最短撮影距離を比較してみました。 こうしてみるとマクロレンズの撮影倍率の1倍(等倍)というのが、いかに特徴的かがわかりますね。 繰り返しになりますが、マクロレンズと通常のレンズの一番の違いは最大撮影倍率です。

手ブレ補正光学系を搭載しながらも最短撮影距離0.49mを、ズーム全域で実現しています。また、270mm側での最大撮影倍率も、デジタル一眼レフカメラ専用の高倍率ズームレンズとしてクラス最高の1:3.5(*)となります。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかという数字です。

倍率って何なの? 以前ブログ(撮鳥見鳥)でも取り上げたけど、野鳥撮影中などに「それって何倍? 」と撮影機材について聞かれることがある。鳥を撮ってみたくなった人から「10倍ズームのデジカメなら

各メーカーから発売されている2019年におすすめのコンデジ全14選を特徴別に比較。最新モデルから数年にわたって不動の人気を誇る名機まで、オススメのシーンを交えて解説します。一眼レフほどではないけれど、スマホよりいい写真を撮りたい!スマホとはどう違うの?

オリンパスのマイクロフォーサーズ規格のレンズ「m.zuiko digital ed 12-40mm f2.8 pro」の、最大撮影倍率はなんと0.6。標準ズームレンズなのに、マクロレンズのように使えるので、モノを紹介するブログ記事用の写真を撮影するのに最適なレンズです。最大撮影倍率について説明しましょう最大撮影

最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が行える、単焦点レンズ。絞り開放から優れた描写力を発揮します。開放f1.8の明るさと9枚羽根の円形絞りで、美しいボケ味を実現。小型・軽量設計により、スナップ撮影なども快適に。

3枚のED(特殊低分散)レンズを使用し、ズーム全域でワンクラス上のシャープさとコントラストの高い描写性能を実現。インナーフォーカス機構による最大撮影倍率0.21倍(35mm判換算で0.42倍に相当)までのクローズアップマクロ撮影が可能です。

そして、単焦点マクロレンズの設計はマクロ撮影用に設計されているので、描写の良さなどもズームレンズのマクロ機能に勝ります。 春・夏の撮影に向けてマクロレンズが欲しいので、最大撮影倍率1:1の本格的なマクロレンズをいろいろ探してみました。

富士フイルムのデジタルミラーレスカメラ「xシリーズ」・中判デジタルカメラ「gfx」の総合サイト。製品情報や開発秘話、プロ写真家が撮った写真や映像を紹介します。

最短撮影距離と最大撮影倍率. タムロン・SP 70~200mmF2.8 Di VC USD G2+ニコン・D810 「ぼけ味にこだわったレンズ」とかメーカーは最近、よく言うようになりましたが、しかし「うわぁキレイなぼけ味だなあ」と特別、感心するようなことはほとんどない。

最短撮影距離が39cm(最大倍率1:3)と比較的短いうえ、別売のクローズアップレンズ「AML72-01」を利用すれば、光学特性をほとんど劣化させずに最大倍率1:2のハーフマクロ撮影が行えるのもユニークなところです。

しかし、最大撮影倍率が小さくなってしまったのは問題で、これはよくコミュニティで話題になっている。望遠側でよく最短撮影距離で撮影するなら旧型を選択したほうがいいだろう。小さな問題はあるが、それでもなお大いに推薦!

最大撮影倍率. 最大撮影倍率が0.31倍は、どれ程優れているのでしょうか?ちなみにほぼ同じスペックのNikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR の最大撮影倍率は0.27倍です。その差0.04。 この0.04が実撮影でどれ程の違いとなって表れるのでしょうか?実写してみました。

レンズ交換式の一眼レフだと、一部のレンズを除き、カメラボディーとレンズの間に接写リングを挟むことで最短撮影距離をより短く、つまり最大撮影倍率を高くすることが可能だ。このところ使用機会が多いので、実際の使用に照らし合わせて最大撮影倍率を検証してみた。

また、24mmで最短撮影距離0.2m(最大撮影倍率0.21倍)、105mmで最短撮影距離0.34m(最大撮影倍率0.4倍)のマクロ性能も実現。

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんにお聞きして、超望遠カメラの選び方とおすすめ機種を教えていただきました。超望遠カメラは、その名のとおり、より遠くのものを撮れるカメラのことです。ここのところ超望遠ズームレンズ内蔵のデジタルカメラが増加中で、「ネオ一眼デジカメ」と

7 日前 · 見える世界が増えます。株式会社焦点工房のオリジナルブランド中一光学から、新しいレンズ「apo 85mm f2.8 super macro 1-5x」が登場しました。

最短撮影距離0.11m、最大撮影倍率1:2、寄って撮るを楽しめるタムロンのソニーEマウント用単焦点レンズ「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」

光学ズームと電子ズームを併用すれば最大332倍ズームが可能です。 光学ズームは何倍まであればいい? 上の写真は2011年に私が撮影した月の写真です。撮影に使ったカメラは ニコンのcoolpix p500、光学ズーム36倍 です。 ※p500は2011年発売の古い機種です

見える世界が増えます。株式会社焦点工房のオリジナルブランド中一光学から、新しいレンズ「apo 85mm f2.8 super macro 1-5x」が登場しました。

Jun 30, 2018 · 【カメラ】10万円のコンデジの存在とは!SONYのRX100M7の前にRX100M6を使ってみての写真と動画の感想! – Duration: 21:56.

焦点距離が100ミリの望遠系マクロレンズで、花のクローズアップなど野外撮影に最適です。最短撮影距離43センチまで被写体に近づけ、最大0.5倍の撮影倍率が得られます。 レンズ先端に装着するアクセサリ-が使いやすい直進式

さらに、最大撮影倍率が1:2.9であるため、テレマクロ撮影もお楽しみいただけます。旅行中に目にした風景や建造物、人物、草花はもちろん、超望遠ならではの動物やスポーツといった被写体まで、この1本で撮影できます。

高倍率望遠ズームレンズでありながら、最大撮影倍率0.28倍(望遠端)を実現し、被写体を大きく写すことが可能; 最短撮影距離0.5m(広角端)により、被写体に近づいた撮影が可能

デジタルカメラにおいて、光学ズーム倍率は重要な性能となります。デジタルカメラの中には、100倍以上の高倍率な光学ズーム倍率を持つ物があり、人間の目では見えない世界を映してくれます。ズーム方法と選び方を知る事で、高倍率でも鮮明に撮影できるようにしましょう!

『ほぼ満点ですが最大撮影倍率と価格が』 カールツァイス Batis 2/25 北野三四郎さんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、操作性・表現力・携帯性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。

際立つ解像力と80年にわたり蓄積した色再現技術が生み出す卓越した写真画質 世界最大表示倍率、世界最短表示タイムラグの「リアルタイム・ビューファインダー」搭載 プレミアムミラーレスカメラ「fujifilm x-t1」新発売 薄明かりや夜景など暗所での撮影

マクロ撮影が気軽に楽しめるレンズアタッチメントです。花や料理など、被写体をより大きく撮影したい時などに効果的です。ED 14-42mm F3.5-5.6 EZとの組合せでは最短撮影距離が18cm、最大撮影倍率が0.38倍(35mm判換算0.76倍)の簡易マクロ撮影が可能*です。

最大撮影倍率2.5倍 [*] の性能により、本格的なネイチャーフォトから日常のスナップ撮影まで、いままでとはひと味ちがうマクロ撮影ができるレンズです。

最短撮影距離0.11m、最大撮影倍率1:2、寄って撮るを楽しめるタムロンのソニーEマウント用単焦点レンズ「20mm 2020/02/05 16:31タムロンは、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ

ダマスカス鋼を覗き込んだ超々々々マクロでさえ最大撮影倍率は4.5倍でしたから、さらに一歩ミクロの世界に迫れますよ。 Image: 焦点工房 . 撮影距離は0.1〜0.272m、無限遠撮影には非対応。

また、最短撮影距離は広角側0.5m、望遠側0.7mと短く、高倍率望遠ズームレンズでありながら最大撮影倍率0.28倍 (望遠端) を実現。テーブルフォトなどでも撮影距離を取ることなく、被写体に近づいて大きく撮影することができる。 光学性能

( 画像は本家からお借りしました )EF28-70mm F3.5-4.5 II発売年月:1988年(昭和63年)6月ちなみに初代の発売は1987年(昭和62年)11月そもそも Canon EF マウントが登場したのが1987年03月なので、EF レンズとして最初期の製品群。という背景を考慮すれば、ダメダメズームレンズであるワケがない。

キヤノン(canon)の一眼レフカメラや、ミラーレス一眼カメラ向けの高倍率ズームレンズを紹介します。aps-cサイズ用と、フルサイズ対応のおすすめの人気レンズを選びました。各レンズの特徴や違いをまとめているので参考にしてください。高倍率ズー

レンズの焦点距離で写る範囲が変わる 撮影レンズには「25mm」とか「14–140mm」といった焦点距離を表す数値が表示されてい

また、広角撮影時は、最短撮影距離が約22cm(レンズ先端から約10cm)まで主要被写体に近寄って撮影可能。望遠撮影時は、最大撮影倍率0.46倍(35mm

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]の詳細スペック・仕様・特長情報を一覧表示。性能や機能をしっかり比較できるから、こだわり派の方も納得の製品選びができます。

4.3/5(12)

情報提供:吉森信哉のレンズ語り~~語り継ぎたい名作レンズたち~~ 第3回「タムロン 高倍率ズーム」 広角域から本格望遠域までの広い画角を

[PDF]

撮影:加納 満 NOKTON 21mmF1.4 Aspherical VM Eマウントレンズシリーズは、マウントアダプターを介さずにソニー E マウントに直結することのできるレンズ群です。

さらに、最大撮影倍率が1:2.9であるため、テレマクロ撮影もお楽しみいただけます。旅行中に目にした風景や建造物、人物、草花はもちろん、超望遠ならではの動物やスポーツといった被写体まで、この1本で撮影できます。

ソニーのα6400を先日購入したの開封レビューを記事にまとめました! α6400開封レビュー!触ってわかった5つの魅力と3つの注意点! あらかじめ予想した事ではあるのですが・・・ 数日使ってみて感じたのは、キットレンズ(

最近の投稿