日経ホールでお求めの方はチケットを下記まで簡易書留でお送りください。4月中旬までに現金書留でチケット代金と送料を返金させていただきます。 〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日本経済新聞社 文化事業局 文化事業部 音楽事業担当 行

Nov 12, 2019 · 日本経済新聞社主催「nikkei 全国 社歌コンテスト」へエントリーしました November 12, 2019 先日開催された「メッセナゴヤ2019」でお披露目した「解決!

Feb 14, 2020 · jhaのスポンサーである立飛ホールディングスさんとキッコーマンさんが日経新聞が主催する社歌コンテストに応募されています。 「投票する」というボタンをクリックするだけで投票できますので、ぜひ皆様のお力添えを願いたします!

Nov 28, 2019 · 1899年(明治32年)8月4日、「惠比壽ビヤホール」は、銀座の新橋際にヱビスビールのプロモーション店舗としてオープンしました。これが

参加企業には、機関投資家らが審査したリポートを提供するとともに、コンテストを実施、得点上位企業を表彰いたします。また新聞紙面での企画参加企業を紹介する特集を掲載いたします。日経だからできるir支援活動です。

「新聞×ar」の表現アイデアコンテスト: 第1回日経arアワード <表彰式レポートはこちら> いつもの紙面に 新しい世界が広がります. 使い方は簡単、「日経ar」をインストールしてマーカーにかざすだけ。

日本新聞協会は、「新聞配達の日・新聞少年の日」〔2020年は10月18日(日)〕に向け、「第27回新聞配達に関するエッセーコンテスト」を実施します。今年の特別審査員はフリーアナウンサーの小林麻耶さ

俳句の募集、公募、コンクール情報は俳句賞.com

日経チャンネルは日本経済新聞社が運営する、 映像コンテンツポータルサイトです。 経済・ビジネス情報、日経主催イベントなどを配信します。 ライブはもちろん、ビデオ・オンデマンド(vod)でも配信。 360度動画やvrなど新しい映像技術を使った

「株を学ぶ。体験型コンテスト」今まであまり投資を経験していない大人の方が、投資の意味や魅力を、理解・体感していただきます。3年間の仮想投資で、投資についての基礎的な考え方を理解することが

nikkei style u22は大学生向け、学び・就職活動キャリア航海に乗り出す人の情報サイトです。

社会的課題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」が注目を集めています。「日経ソーシャルビジネスコンテスト」や「日経SDGsフォーラム」の関連情報、識者のコラムなどを提供します。

「社歌コン」の反響から「中間管理職劇場 マルマルの女」へ。 2016年に立ち上げ、これまで3回実施した「社歌コンテスト」は、企業の社内外コミュニケーション活性化を目的に、社歌動画日本一を競う企画です。 3回目の2019年は、日本経済新聞社が主催、joysoundが特別協力になり、174社から応募

日本経済新聞社が運営する新聞広告関連の情報サイト。紙面に掲載されたプレゼント、アンケートやイベントの情報を提供。また、日本経済新聞や日経産業新聞、日経mjなどの広告企画の事例を紹介します。

[PDF]

日本経済新聞社主催の『nikkei 全国 社歌 コンテスト』に サードプラネットの社歌をエントリーしました 株式会社サードプラネット(代表取締役社長:児玉篤)は、日本経済新聞社が主催する「nikkei 全国 社歌コンテスト」にエントリーいたしました。

「日経プレビジネスパック」はビジネスツールとして「日本経済新聞」をより効果的に読みこなすスキルを身につけることで、内定者が入社までにビジネスチャンスに敏感な即戦力レベルにスキルアップすることを支援するプログラムです。

第17回 「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト 最優秀賞/オンワードホールディングス賞 「タンチョウ目覚め」原裕史(撮影地:北海道 鶴居村) 第17回 産経新聞社賞「風雪止んだ朝」

新聞×arの表現アイデアコンテスト「第1回 日経arアワード」(主催:日本経済新聞社)の結果を発表しています。

賞 賞 賞金50万円、制作費10万円 主催 マネックスグループ株式会社 締切 2020年03月25日 (水)

最優秀賞に富国生命保険相互会社 日本経済新聞社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岡田直敏)は2019年8月より、全国の企業から社歌の動画を募り、一般投票で日本一を決定する「nikkei全国社歌コンテスト」を開催してまいりました。

日本経済新聞社は、中国教育国際交流協会、日本華人教授会議と共催で、日本語を学ぶ中国人大学生を対象に「全中国選抜 日本語スピーチコンテスト」を2006年から開催しています。今回のスピーチテーマは「オリンピック精神と私―2020年東京・2022年北京」「日中青少年交流推進年―私の提案

日本経済新聞社はAtCoder(東京・渋谷)と共同で「全国統一プログラミング王決定戦」を開催します。先端ソフトウエアを開発する優秀な人材を発掘・育成するのが狙い。2019年1月27日に実施するオンライン予選の上位200人が2月17日の決勝に・・・

日経新聞 社歌コンテストに エントリーしました! おはようございます。ご覧いただきありがとうございます

最近の投稿