ところで、「沈める寺」とはどんな寺院だったかというと、現在のパリのノートル・ダム寺院のようなゴシック建築なんかじゃなくて、英仏間のドーバー海峡両岸に兄弟のように聳え立つノルマンジーのモン・サン・ミッシェルやイングランドの

沈める寺. ドビュッシーの前奏曲集第1巻に収録されている「沈める寺」は、ルナン著の「幼児期と少年期の思い出」という本にあるブルターニュに伝わるケルト民族の神秘的な伝説に基づいているそう。

米Connoisseur Society CS-1866 モラヴェッツによるドビュッシーの沈める寺、花火他。超優秀録音。

ドビュッシー「前奏曲集第1巻」より「沈める寺」 今日今晩は。 「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。 前回の投稿で採り上げた「天声人語」の日から、さらに、こんな連載を始めやがった!

@nobxchanpo 和音と倍音の溶け込むかどうかの絶妙なところが、ドビュッシーっぽい印象を持ちました。 (例:少し違うかもしれませんが、沈める寺、などを思い浮かべました) この方向で進めていくと美しい曲が待っていそうな気がします

最近の投稿