まずは基本的な費用を見ていきます。アメリカ留学にかかるコストには、学費や滞在費、生活費のほか、航空券代、留学保険料などがあります。留学先で必要になる交通費、おこづかいかいのほか、ビザ申請手数料なども忘れてはいけません。

事実、1年間でアメリカに渡航する留学生の数は約2万人。英語圏で日本人留学生の数が一番多いのはアメリカです。 それだけアメリカ留学に憧れ、実際に渡航する人も多いのですが、どうしてもつきまとってくるのが費用の問題です。

米国を源泉とする給与、またはその他の報酬の受領を伴わない商用を目的として渡米予定の渡航者は商用ビザを申請できます。ビザのタイプは「b-1」です。 しかし、多くの日本人渡航者の場合、90日以下の旅行であればビザは必要ありません。

英語圏で人気の留学先、アメリカ。語学だけでなく、コミュニティカレッジや大学進学、名門大学のエクステンションを目指す人も多くいます。どの場合も気になるのは費用。このページではアメリカ留学のおすすめ都市の紹介や、短期1ヶ月~半年、長期1年など期間別に語学学校で必要な費用

今日たまたま目にした日経xtechの記事 を読んで驚いたんですが、未だにesta(電子渡航認証)の申請に代行業者を使う人っているんですね

最近の投稿